忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
夢の話。 将来どうなりたいという話ではなく寝ている時に見ている夢。 私の意識がない間にもう一人の自分が作った作り話。
[6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暗い道。
夕方なのかな?
友人一緒に歩いていたら目の前にある溝に、友人がいきなり落ちた。
ビックリしてあわてて引っ張りあげたら全裸になっていた。
でも泥だらけなので大事な部分は隠れている。

泥だらけでかわいそうなので、どこかから引っ張ってきたホースで洗い流してあげようと思ったら
「背中だけにして。前が見えたら恥ずかしいから」
と言われた。
それもそうだ。

言われたとおりに背中だけ洗い流すと、友人なぜかガチャピン体型に変わっていた。
「なんだか夢の中の出来事みたいだね」
と友人と笑い合った。
本当は心臓が飛び出るほど驚いたけれど。

道を急がなくては。

アスファルトの坂道を下っていくと牢屋が見えた。
『・・なんだか恐ろしいな』
そう思いながら中をのぞくと、何体もの骸骨が横たわっている。
それも人間の形そのままで、骨だけが横たわっている。
1,2,3・・ざっと見えるだけでも5体はある。

こわごわ覗いていると、ざわざわとざわめく雰囲気。
じっと見ていると横たわった骸骨すべてが動いている。
そして牢屋の外にいたはずの私は、牢屋の中に入っている。
『なんで?』
そう思った瞬間、骸骨が立ちあがった。
と同時にそれは人に変身している。

「・・・・・」
何かしゃべっているけれど分からない。
でも恐怖心だけはぬぐえない。
『どうしよう、食べられる、殺される・・!』

体が熱い。
でも逃げられない。
『うわ・・うわぁ・・・』

・・
というところで目が覚めた。




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ カレンダー ♥
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
♥ カテゴリー ♥
♥ フリーエリア ♥
♥ 最新コメント ♥
♥ 最新トラックバック ♥
♥ プロフィール ♥
HN:
夢眠
性別:
女性
自己紹介:
よく眠ります。たくさん夢をみます。
♥ バーコード ♥
♥ ブログ内検索 ♥
♥ アクセス解析 ♥
Copyright(c) 夢の話 All Rights Reserved.
* material by Pearl Box   * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]